皮膚科で首のいぼの治療を受けてみよう

気になる首のいぼを治療するのに皮膚科に通っていると言う方もいます。確かにいぼの専門医ですから頼りがいがありますし、確実に治すことができますよね。

 

では実際に病院ではどのような方法で治療を勧めてくれるのでしょうか。


首のいぼ治療法3つ

皮膚科で受けられる首のいぼの治療法で最も簡単な方法がはさみでの切除です。皮膚といぼの間を医療用はさみを使ってパチンと切ってしまいます。

 

本当に初期のころの小さないぼのみに有効ですが、傷跡もほとんど残らずすぐに終わりますから精神的、肉体的負担がありません。

 

ある程度大きくなってしまうとはさみでの切除はできません。ではどうするのかと言うと、メジャーな方法として炭酸ガスレーザーがあります。

 

以前は液体窒素が主流でしたが、再発の可能性が高く、広い範囲を焼かなければならないと言うこともあり、炭酸ガスレーザーに変遷しています。

 

炭酸ガスレーザーは局所麻酔をしてから、首のいぼに狙いを定めてしっかり取ってしまいます。液体窒素は患部を焼き切る方法ですが、焼く範囲が広いと言うのがネックでしょう。

 

皮膚科医によってどの方法で治療するか変わります。ですからカウンセリングを受ける時に、しっかり担当の医師と話し合うことが大切です。

皮膚科治療のデメリット

皮膚科で首のいぼを取る場合、デメリットもありますので覚えておきましょう。はさみで切る場合、少量の出血があります。

 

そのため治療後は絆創膏を貼ります。ですから数日間は傷跡が目立つでしょうし、人に知られる可能性が高くなります。消毒などもしっかり行わなければなりません。
液体窒素と炭酸ガスレーザーは出血はありませんが、施術跡がくっきりと残りやすいです。範囲は液体窒素の方が広く目立ちます。炭酸ガスレーザーは赤みが半年ほど残ります。

 

またいずれの場合も軟膏が処方されますので、医師の指示に従って塗り続けなければなりません。治療費が高くつくのも皮膚科で首のいぼ治療を受ける際のデメリットと言えるでしょう。

 

いずれの方法も広がりやすい首にできるいぼの場合、相場は5000円程度と言われています。しかもいぼの数や治療にかかる期間によってはさらに多くのお金が必要になります。

 

万が一外科手術となった場合は何十万円もかかると覚悟しておいた方がいいでしょう。通院もしなければならないので仕事を休むなど、日常生活に支障が出やすいのです。


皮膚科治療より自宅ケアがお勧め

皮膚科で首のいぼ治療を受けるより、自宅で艶つや習慣などのジェルやクリームを使った方が安く目立たず済むことがあります。

 

ジェルやクリームですから、お風呂上りなどにさっと塗るだけです。もちろんライフスタイルに合わせて朝昼夜、いつ塗ってもいいでしょう。

 

また保湿成分配合のものや紫外線カット効果のあるものもあり、いぼがこれ以上できないよう予防できるものもたくさんあります。もちろん通院する必要はありませんから仕事を休む必要もありません。

 

傷もできないので目立つことはなく、人知れずいぼを治すことができるでしょう。これなら皮膚科に行くより簡単に首のいぼケアができそうですね。

 

お得な定期コースや初回限定お試しセットなど、あなたに合った買い方もできます。合わない、効果がないと言うときに利用できる返金保証コースのある製品もありますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

→皮膚科より簡単!?首のいぼケア方法はこちら