首にできたいぼは何科を受診すればいいのか調べてみた

首のいぼの治療は何科で受けられるのか、その答えに迷うのは該当する科目が2つあるからでしょう。では皮膚科と美容外科では治療法にどのような違いがあるのでしょうか。


何科を受診すればいい?首のいぼ治療

首のいぼの治療で何科を受診するか、その答えは皮膚科か美容外科しかありません。ですがどちらを受診すればいいのか迷いますよね。両者にどのような違いがあるのでしょうか。

 

皮膚科は根治重視、美容外科は肌ケア重視

皮膚科はどのような方法であっても、今のいぼの状態に一番適した治療法を選択します。また炭酸ガスレーザーは保険が適用されませんので患者の希望を聞いて治療法を決めることもあります。

 

一方の美容外科はきれいな状態に治すことを目指します。そのためきれいに治るからということで炭酸ガスレーザーしか扱っていない病院もあります。

 

一応保険が適用されないと言うことは伝えられますが、それ以外の治療法が選択できない場合はまたほかの病院を探す必要があるのです。

 

首のいぼで何科を受診するかは、治療後どのような状態になりたいかで決めるといいでしょう。

皮膚科、美容外科にはデメリットがある

首のいぼは何科を受診すればいいのか、結局決められないと言う方はそれぞれのデメリットを見てみましょう。

 

皮膚科のデメリットは、適した治療法を採用するため、液体窒素やはさみを採用し、傷跡が残ることがあることです。

 

美容外科の場合は一種類の治療法しか取り扱っていないことがあると言うことです。また知人に美容外科に入っていくところを見られ、整形したなどと思われる場合もあります。

 

皮膚科でも美容外科でも、治療には時間がかかります。炭酸ガスレーザーでさえ、赤みが消えるのには半年かかると言われているのです。

 

また処置後は頻繁に通院する必要がありますので、会社勤めの方は遅刻や欠勤を余儀なくされます。土曜日もやっている場合がありますが、予約が取りづらいと言う難点があるのです。

 

また費用はいずれも高く、炭酸ガスレーザーなら5万円程度、ほかの治療法でも5000円程度はかかると考えておきましょう。


悩むくらいならジェルやクリームを活用しよう

首のいぼで何科を受診するか考えたとき、デメリットを見ると決心がつかなくなることがあります。何科を受診するか迷うくらいなら、市販のジェルやクリームでケアしませんか。

 

今は首のいぼに使えるジェルやクリームがたくさん販売されています。人気商品の艶つや習慣を始め、首にも使えて自然といぼが取れるということで注目を集めている製品も非常に多いのです。

 

ですから何科を受診するか迷うくらいなら、ジェルやクリームを思い切って調べてみましょう。

 

メリットは安く治療できるということです。医薬品の扱いがあるものもあり、効果が認められているものも見られます。また通販であれば定期購入ができますので、割引価格で買い続けることができるのも魅力です。

 

首のいぼに塗るだけですから人に知られる心配がないのもいいですね。初回のみ大幅割引を実施している製品もありますし、効果が見られなければ返金してくれる製品もあります。

 

定期購入でも回数の規定がないものも多いので、いろいろ試しながらあなたにピッタリのジェルやクリームを探してみるといいでしょう。

 

首のいぼに使ってみたいジェルやクリームを探してみませんか。

 

 

→首のいぼが消える!?この商品をチェックしよう