首のいぼの治療費ってどのくらい?安く済ませる方法もチェック!

首のいぼを病院で治療したい、とはいえ治療費が気になる方もいるでしょう。では治療の種類別にどのくらい費用が掛かるのか、一般的な相場から見てみましょう。


病院でかかる治療費の相場

液体窒素

液体窒素を患部に当てていぼを壊死させます。保険が適用され、1個当たり500円程度が相場です。

 

炭酸ガスを用いたレーザーで患部を焼き切る方法です。周辺を傷つけることがない方法として最近の主流となっています。保険が適用されないためいぼ1個につき1000〜2000円かかります。

 

医療用ハサミ

小さい場合はハサミで切ってしまいます。保険が適用されることがほとんどですが、一般的には5000円以上かかると言われています。

 

 

このように首のいぼの治療費はどのような治療法を選ぶかによって変わります。ですからまずは医師と綿密なカウンセリングを行い、あなたの首のいぼのタイプとどのような治療が適しているか見極めていくことが大切です。

病院治療のメリットとデメリット

首のいぼの治療費が分かっても、デメリットも抑えておくことが大切です。メリットばかり見て安い方法を選ぶと後悔することもありますので、必ずチェックしておいてください

 

液体窒素

いぼの周辺を焼くためシミや色素沈着が起こりやすく、傷跡もしばらく残ります。痛みいついては表面麻酔をするのでほとんどないと言われています。

 

いぼが完治するまで通院が必要で、また首周辺は何個も固まっていぼができるので、500円で済むと言うことはありません。麻酔にかかる費用や検査費用などは別途必要になります。

 

炭酸ガスレーザー

一か所のいぼに集中して治療できるため液体窒素より後遺症は残りづらいと言われています。費用はいぼの大きさにより変わり、思わぬ高額を請求されることもあります。

 

医師によってはテスト照射をしてから治療しますが、テスト照射がない場合は色素沈着することもあります。

 

本番はカウンセリング当日には行われず、初診の次の診察で行うことが多いようです。保険適用外ですから全額自己負担と言うデメリットが一番大きいと言えるでしょう

 

医療用ハサミ

 

はさみで切るため麻酔はしないのが一般的です。そのため痛みを感じることがほとんどです。完治するまで絆創膏を貼り、処方された軟膏を塗る必要があります。最も安い方法という人もいますが、保険が適用されないと高くなります。

自宅で費用を抑えて治そう

病院で高い治療費を支払って、色素沈着などの後遺症に悩まされる心配をするより、自宅で治療する方法を考えてみませんか。

 

首のいぼは目立ちますから、病院に通えばほかの人に知られる可能性は高いです。デリケートな問題だからこそ知られず治したい!そんな方にお勧めなのがジェルやクリームです。

 

ドラッグストアや薬局でも売っているのですが、首のいぼに使えないものもありますので、それなら通販を利用するのがおすすめです。口コミサイトなどを見て有効成分がたっぷり入ったジェルやクリームを探してみましょう。

 

治療費が安く済むだけではなく、若返り効果や美白効果を期待できるものもあります。また通院のために仕事を休むこともありませんし、定期便なら割引を受けられ、自動的に自宅に配送してくれますから便利です。

 

お試しセットを販売しているジェルやクリームもありますので、首のいぼの治療費を抑えたい方はぜひチェックしてみてください。

 

 

→治療費を抑えたい!いぼに効果があるクリームをチェック