首のいぼの治療にはどのくらいの料金がかかるのか

首のいぼの治療を病院で受ける場合、料金はどのくらいかかるのでしょうか。なかなか足を踏み出せないのが費用が分からないということですが、ケア法別に費用の相場を見てみましょう。


病院の治療費、相場はどのくらい?

首のいぼの治療に料金はどのくらいかかるのか、相場を見てみましょう。

 

液体窒素

液体窒素を使っていぼを壊死する方法ですが、冷凍療法なら4000円くらいです。保険が適用されての価格ですからこのくらいが相場と踏んでおくといいでしょう。なお事前の診察費などは別途かかります。

 

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスを当てていぼを根絶する方法です。相場は5万円と非常に高く、保健が適用されません。ただしいぼの数や大きさにより変動します。なお軟膏の費用や事前の治療費などは含まれていません。

 

はさみで切る

小さいいぼであれば医師の判断で医療用ハサミで切ることがあります。1個当たり数百円ですが、首はいぼが散乱しますので、トータルで5000円程度かかると考えた方がいいでしょう。ただ全体的に見ると最も安い方法のようです。

 

 

なお首のいぼの治療法には外科手術もあります。あまりに大きなイボの場合に適用されますが、局所麻酔などをするため高額です。料金は治し方や数、大きさで変わると心得ておくといいでしょう。

病院は治療費がネックになりやすい

病院で首のいぼの治療を受ける場合、料金はどうしても高くなります。しかも経過観察のために何度か通わなければなりません。

 

炭酸ガスレーザーなどは赤みが残りやすく、消えるまで半年は見なければなりません。はさみで切る場合も多少の出血がありますので、傷跡は残ると考えた方がいいでしょう。

 

高額になってしまうのは病院の判断ですから仕方ないと言えば仕方ないのでしょう。

 

しかし炭酸ガスレーザーしか扱っていない、と言う病院もありますので、事前に調べてから受診する必要があります。

 

なお外科手術は皮膚がんや大きいいぼに適用されますので、老人性いぼなどで行われることは滅多にありません。費用のことを考えるとやはり病院に足を運びづらいと思ってしまう方が多いのではないでしょうか。


通販で始める首のいぼ治療

首のいぼを取りたいけれど病院は治療費がかかる、となかなか一歩を踏み出せない方は、市販のジェルやクリームを使ってみませんか。

 

ドラッグストアなどにも取り扱いはありますが、首に使えないものもありますので、通販で手に入るジェルやクリームがおすすめです。艶つや習慣など人気商品も多く、ぽろっといぼが取れたという声が続出しています。

 

料金も病院よりずっと安く済みますし、傷跡が残らないので気軽に始められるのではないでしょうか。

 

また通販の場合、定期購入もありますので、買い忘れの心配もありません。続けることで効果が見られるのがジェルやクリームなので一度チェックしてみるといいでしょう。

 

定期購入なら割引価格で購入できることが多く、初回のみ50%オフなど安く提供している場合もあります。首のいぼを治療したいけれど料金がネックと言う方は一見の価値ありです。

 

お試しセットを用意している場合や返金保証がある場合もありますので、ぜひ一度チェックしてみてください。不安なことや分からないことはコールセンターで答えてくれる製品もありますので、あなたが納得できる方法を探ってみましょう。

 

 

→手軽に始められる首のいぼ治療法はこちら