首周りのイボは糸で取れる?痛みは?気になる効果を確認!

女性は誰しも肌トラブルを抱えているものですが、30代女性に意外と多いのが《首のいぼ》の悩みです。

 

小さくポツポツした首周りのいぼはデコルテが開いた洋服だと目立ってしまうためオシャレを楽しみたい30代女性にとって大問題です!

 

ここでは気になるいぼの正体と手軽にできると話題の糸を使ったケア方法、さらに痛みの無いセルフケア方法についてご紹介します。


加齢と共に現れる首のいぼ・・・その正体とは?

美容やファッションに気を使う30代女性の間で意外と多い肌の悩みが《首のいぼ》です。

 

首のいぼと聞くと50〜60代に現れると思われがちですが、意外と30代女性に多く、早ければ20代でも現れ、きちんとケアしないと加齢と共にどんどん増えていきます。

 

またポツポツと現れる首周りのいぼはかなり目立つためデコルテが開いた洋服が着れない・・・とお悩みの30代女性が多くいます。

 

この首のいぼの気になる正体は《古い角質の固まり》です。肌表面を覆う角質は肌のターンオーバーによって剥がれ落ちていき、このターンオーバーが正常であれば角質が固まることはありません。

 

しかし加齢やストレス、洋服などとの摩擦によって肌のターンオーバー機能が正常に機能しないと古い角質が剥がれ落ちずに蓄積されていきます。さらにどんどん蓄積されることでポツポツしたいぼになります。

今すぐ取り除くなら糸がおススメ!?

美容やファッションに気を使う30代女性にとってポツポツと目立つ首のいぼは大問題ですね。この首のいぼは皮膚科で治療すれば確実に除去できます。

 

しかし仕事や家事、子育てに忙しい30代女性にとって病院へ通う手間や時間は惜しいですね。そこで自宅でも簡単にできると話題なのが《糸》を使ったセルフケア方法です。

 

この方法は、いぼの付け根のくびれた部分を糸で縛り、そのまま放置することで血流を遮断します。するといぼがだんだん黒く変色してポロッと取れます。ただしこの糸を使った方法にはメリットとデメリットがあります。

 

 

糸を使ったケア方法のメリット
  • いつでも自宅で簡単に行える
  • 皮膚科での治療費がかからない

 

 

糸を使ったケア方法のデメリット
  • いぼのサイズが小さいと細かい作業になる
  • いぼのサイズが大きいと痛みを感じる
  • 消毒が不十分だと炎症を起こす場合がある

 

 

糸を使うケア方法は手先が不器用な方にはあまりおススメできません。また手先が器用でも痛みを感じたくない方にはおススメできません。


痛みの無いセルフケア方法はある?

首のいぼを糸を使わずにセルフケアしたい!という方には角質ケア効果の高いクリームを使った簡単セルフケア方法がおススメです。首のいぼは《古い角質が固まったもの》なので、角質ケア効果が高いクリームで取り除くことができます。

 

角質ケア効果が高いクリームは数多くありますが、どれも有効成分に角質を柔らかくして肌を滑らかにする成分が調合されています。クリームを毎日使い続けることで固まっていた角質が徐々に柔らかくなっていぼがポロッと落ちてきます。

 

また角質ケア効果が高いクリームはスキンケア効果も高く柔らかくなった角質をそのままキープしてくれるので新たないぼの発生を予防することもできます。

 

この角質ケア効果が高いクリームを使ったケア方法なら病院へ行かずとも自宅で簡単手軽にいぼを除去できるので忙しい30代女性にこそおススメのケア方法となっています。

 

 

いかがですか?30代女性にとって《首のいぼ》は美容面でもオシャレ面でも大敵ですよね。手間や時間をかけずに自宅でケアしたいという場合はぜひクリームを使ったセルフケアをお試し下さい。

 

 

→いぼ予防にも効果的!おススメクリームはこちら