原因は様々!?首にできたいぼはどうしてできるのか知ろう

首のいぼの原因は様々です。老人性いぼと言われるものはもちろん、摩擦などによってできるいぼもあり、特定しづらい場合もあります。では具体的な要因と対策について見てみましょう。


首のいぼの原因をチェック

アクロコルドン
首だけではなく胸元にもできやすいいぼです。大きさは3mm程度で肌色より少し濃いくらいです。外的刺激が原因とされており、人に移る可能性はありませんが、首のいぼにネックレスなどが引っかかると炎症が起こることもあり危険です。

 

スキンダック

老人性いぼとも言われる腫瘍の一種ですが、すべて良性なので気にすることはありません。原因は汗による摩擦で汗をかきやすい人にできやすく、首以外にも顔や手、腕、背中にもできやすいです。

 

茶色っぽいものも黒っぽいものもあり、ほくろに似ているものも見受けられます。大きければ1p程になることもあり、平らなものもあれば盛り上がっているものもあります。判断が非常に難しいので医師の診察が必要です。

 

老人性いぼ、脂漏性角化症

加齢でできる良性の腫瘍です。年齢によってごく当たり前のようにでき、全身どこでもできますし、色や形状も様々です。ですから首のいぼだけに限定することはありません。また年齢を重ねると大きくなっていくことがありますので、気が付いたら取り除くようにしましょう。

 

尋常性疣贅

摩擦が起こりやすい場所に原因菌ヒトパローマウィルスが入り込むことでできる感染性のいぼです。公衆浴場でもできるため傷口があると注意が必要です。

 

扁平疣贅

平べったく大きくなることが少ないウィルス性のいぼです。ただし皮膚の中まで感染しておらず、皮膚表面のみに感染します。若い人ほどできやすいイボで、特に顔に多く見られます。

首のいぼの原因を追究して治療しよう

首のいぼの種類を把握したところで、どのような対処法を取ればいいのでしょうか。

 

ウィルス性のものは病院へ

原因がウィルス感染によるいぼは治療法が異なりますので、病院を受診することが大切です。医師の診断を仰ぎ適切な処置を受けることで早期治療、早期完治が望めます。

 

病院にかかるかかからないか

それ以外のいぼについては判断がつかないものは病院にかかった方がいいでしょう。ですが明らかにウィルス性ではないと言う場合、病院にかかるかかからないか判断に迷うところです。

 

病院は治療費もかかりますし、完治まで時間もかかります。そうするとほかの人に首のいぼのことが知られ、原因さえ憶測されてしまうことがあるのです。

 

ウィルス感染と思われるのが嫌だと言う方もいるでしょう。だからこそ、病院を受診するかどうかの判断が大切になってくるのです。

自宅で療養できる首のいぼ

もし病院を受診したくない、ウィルス性ではないと言う場合、自宅で首のいぼを治療してみませんか。原因が明らかな場合は自宅療養が可能です。

 

もちろんウィルス性ではない、感染性がない場合に限りますが、今は首のいぼに効果的なジェルやクリームが多数販売されています。ドラッグストアや薬局にもありますが、すべてが首のいぼに使えるわけではありません。

 

ですからお勧めは通販です。原因が特定されていれば、保湿成分やイボの有効成分配合のクリームやジェルを塗り続けることできれいに治ることがあります。

 

時間はかかりますが、人に知られる心配の少ない方法として今注目されているのです。原因がウィルス性ではない首のいぼにお悩みの方は一度チェックしてみてください。

 

→今すぐどうにかしたい首のいぼに効くクリームはこちら