意外と多い妊婦さんの首いぼ!安心安全なセルフケア方法は?

妊婦さんは女性ホルモンが乱れやすく、肌荒れなど様々なトラブルが現れやすいデリケートな時期が出産まで続きます。そんな中意外と多い妊娠中の悩みがポツポツと現れる首のいぼです。

 

ここでは妊婦さんに多い首のいぼの気になる原因や効果的な治療法、さらに胎児への影響が無い安心安全なセルフケア方法についてご紹介します。


妊娠してから急に現れた首のいぼ、気になる原因は?

女性は分泌されるホルモンのバランスによってお肌の調子が変化します。特に妊婦さんはホルモンバランスが乱れやすいため様々な肌トラブルが現れやすくなります。

 

中でも意外と多い肌トラブルがポツポツと現れる首周りのいぼです。妊娠するまでは一切無かったのに、妊娠してから突然現れ始めた・・・こういった妊婦さんが多くいらっしゃいます。

 

妊娠してから現れる首のいぼの主な原因は、『免疫力の低下』と『肌サイクルの乱れ』です。

 

 

免疫力の低下

妊娠中はへその緒を通して胎児へと栄養を送るため自分自身の体への負担が大きく、免疫力が下がりやすくなります。

 

免疫力が下がると様々な感染症のリスクが高まりますが、いぼの原因となるヒトパピローマウイルスに接触すると首にいぼができる場合があります。

 

肌サイクルの乱れ

妊娠中は女性ホルモンのバランスが乱れやすいためターンオーバーなど肌サイクルも乱れやすくなります。肌サイクルが乱れると肌表面の古い角質が剥がれず、肌表面に蓄積されていぼになる場合があります。

どんな治療方法があるの?

妊婦さんの首のいぼの原因が何であれ、皮膚科治療や市販薬を使用することでいぼを取り除くことができます。

 

 

皮膚科治療の効果は?

皮膚科治療では液体窒素や医療用レーザー、医療用ハサミなどを使って物理的にいぼを切除します。確実にいぼを取り除けますが、痛みや出血を伴う場合があり体調が変化しやすい妊婦さんにはおススメできません。

 

 

市販薬の効果は?

いぼを取り除く市販薬といえば「イボコロリ」です。イボコロリはウイルス性のいぼに効果的な商品で、免疫力低下が原因の場合のいぼに有効です。

 

しかし皮膚が薄い首周りに使用すると肌荒れなどを引き起こすリスクが高いほか、肌が敏感な時期の妊婦さんには刺激が強すぎます。

 

 

皮膚科治療も市販薬も首のいぼに効果はありますが、体調が変化しやすいデリケートな時期の妊婦さんにはどちらもおススメできないので注意しましょう。


赤ちゃんにも安心♪おススメのセルフケア方法は?

首のいぼに効果的な皮膚科治療や市販薬はデリケートな時期の妊婦さんにおススメできないことは上記でご紹介しました。

 

確かに妊娠中は胎児が健康に育つことが優先されますが、やはり女性として目立つ首のいぼを何とかしたいですね。

 

そこで胎児への影響が無いおススメのケア方法がクリームやジェルを使ったセルフケア方法です。化粧品であるクリームやジェルであれば胎児への悪影響の心配は一切ありません。

 

また皮膚科へ通う必要がないので、体調が変化しやすい妊娠中でも自宅にいながらいつでもケアができます。首のいぼを改善するために効果的なのは角質ケア効果が高いクリームやジェルを選ぶことです。

 

角質ケア効果が高いクリームやジェルにはハトムギエキスやアンズエキスなど肌表面を柔らかく滑らかに保つ成分が配合されています。

 

そのため免疫力が弱くなりがちで肌サイクルが乱れやすい妊娠中の肌の調子をしっかりサポートし、いぼを徐々にポロッと取り除くことができます。

 

 

いかがですか?

 

私も妊娠中に首のいぼで悩んだ時期がありましたが、クリームを使ってケアをしたところ1ヶ月ほどで改善できました♪

 

妊娠中は食べるものや肌に塗るものは何かと気を使いますが、どうしても肌トラブルが出てしまいますよね。特に首のいぼは見た目的に目立つのでできるだけ早く改善したいという妊婦さんが多いです。

 

胎児への影響が無く、安心できるものでケアしたい!そんなお悩みをお持ちの場合はクリームやジェルを使ったセルフケア方法をぜひ気軽に試して下さい。

 

 

→妊婦さんにおススメ♪安心安全な角質ケア商品はこちら