妊娠中に首のいぼができやすいって本当?メカニズムをチェックしよう

妊娠中はシミができやすい、とは聞きますが、首のいぼもできやすいと知っていますか?これはシミといぼが同じ原因でできるため、妊娠と言う特異な体であるために起こることです。

 

なぜ妊娠すると首にいぼができやすくなるのか、その原因などを見てみましょう。


なぜ妊娠すると首のいぼができるのか

妊娠中に首のいぼができやすいのは赤ちゃんにたくさんの栄養を送るため、母体が栄養不足になりやすいからです。赤ちゃんを育てるために体は赤ちゃんを優先に栄養を送り、体や内臓など器官も作っていきます。

 

ママの体は母乳を出す準備をしたり、子宮を大きくしたり、エネルギーを普段以上に使います。すると体の免疫力が落ちやすくなり、体に潜んでいた常在菌がいぼになってしまうのです。

 

今まで何も悪さをしなかった細菌が突然いぼとなって現れるのですから驚きますね。

 

しかも代謝の状態も変わるため、普段であれば排出される老廃物もいぼの中に溜まりやすくなってしまうのです。

 

防ぐためには食生活と睡眠をしっかり取ること、この2つが重要だと言われています。また産後は自然と治るケースが多いので、特に病院へ行く必要もないでしょう。

妊娠中は首のいぼのケアができない!?

妊娠中に首のいぼが増える原因はわかりました。産後自然と治ることも分かりました。

 

しかし妊娠期間中待っていられない、出産してからどのくらいで消えるのか分からない、そもそも本当に消えるのか、と言う疑問も沸き上がってくるでしょう。

 

体を温め老廃物を流せばいい、と言う意見もありますが、いぼが大きくなることもあります。妊娠中は医師もレーザー治療などをしたくありませんし、炭酸ガスレーザーは全額自己負担です。

 

ただでさえ妊娠、出産、子育てでお金がかかるのに、いぼの治療費も全額負担しなければならないと考えると頭が痛くなってくるでしょう。

 

しかも紫外線の影響を受けやすい妊娠中はいぼが黒くなりやすく、目立つケースも多いのです。これでは首のいぼのために妊娠したくない、と思ってしまう女性が出ても不思議ではありません。


妊娠中も自宅で簡単に首のケアをしよう

妊娠中でもきれいな首元でありたい、首のいぼをケアしたいと言う場合は艶つや習慣などのジェルやクリームを活用してみましょう。

 

あんずエキスやハトムギエキスといったいぼに有効とされる成分が十分に配合されていますから、数週間でぽろっと取れたという人が多いのです。

 

妊娠すると肌が敏感になりやすいですが、無添加のジェルやクリームも多く、敏感肌の方でも使うことができます。ですからプレママでも安心して使えるんですね。

 

さらにうれしいことに、肌をきれいにしてくれるプラセンタエキスやコラーゲンなどと言った美肌成分も配合されています。

 

値段が高いのでは、と思う方もいるでしょうが、定期便を利用すれば初回は50%オフなど大幅値引き価格で購入できます。さらに2回目以降も10〜20%割引で購入できる製品が多いので、負担にはならないでしょう。

 

スキンケアをしながらいぼのケアもできる、そんな理想的なジェルやクリームがあるのです。もし肌に合わなければ商品金額を全額返金してくれる保証がある製品もありますのでチェックしてみてください。

 

妊娠中に首のいぼに悩まされたくないと言う方は一度自宅で簡単にケアできるジェルやクリームをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

→首のいぼにもう悩まされない!対策はこちら