首のいぼを美容外科で取る方法。そのメリットとデメリットは?

首のいぼは美容外科で取ることができます。とはいえ、どのような方法で治療が進められるのか、不安な方も多いですよね。具体的ないぼの治療法について見てみましょう。


首のいぼ治療はレーザーが主流

首のいぼの治療法は美容外科の場合、レーザー治療が主流となっているようです。特にスキンダック、アクロコルドンのような良性の腫瘍の場合はレーザー治療を行うことで1週間程度で目立たなくなるということです。

 

逆に美容にこだわるからこそ、液体窒素はお勧めしないという声もあります。液体窒素はレーザーより安いですが、傷跡が残りやすくきれいに仕上がらないと言うのです。ですから美容外科の首のいぼ治療はレーザーが主流となっているのです。

 

では具体的にどのように治療が進められるのかというと、まずカウンセリングを行います。このときいぼの状態を見て治療法を提案し、同時にアレルギーや既往症の有無などもチェックします。

 

医師からの質問はしっかり答え、不安や疑問はぶつけることが大切です。それから局所麻酔を行い、施術中の痛みをなくします。麻酔が聞いたら炭酸ガスレーザーを使って首のいぼに蒸散していきます。

 

美容外科によって違いがありますがテスト照射をして様子を見てから後日本番と言う場合もあります。施術が終わったら薬を塗って終了です。

美容外科で治療するメリットとデメリット

美容外科で首のいぼを取るのは簡単です。美容と言うだけあり仕上がりの綺麗さにこだわるところも多いようです。痛みもないのでメリットが大きいように思えるのですが、決してデメリットがないわけではありません。

 

ではどのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

保険が適用されない

主流である炭酸ガスレーザーは大半が保険適用外です。まれに適用されるケースもあるようですが、良性の腫瘍の場合はほぼ全額自己負担となります。

 

ですから保険が適用されるけれど跡が残りやすい液体窒素による治療より高くなります。

 

完治まで時間がかかる

施術自体は1回受ければほぼ大丈夫ですが、赤みが残りやすく、消えるまで時間がかかります。早ければ3カ月、長ければ半年はかかると言われており、その間会社の人や周りの人に「首のいぼ治療を受けたらしい」と気づかれる可能性は高いです。

 

美容外科から薬は処方されますが、指示通り塗らなければ完治は遅くなります。

 

通院頻度が高い

病院によっては施術前にテスト照射やカウンセリングで何度か通わなければなりません。多くの病院は初日に施術を行うことはなく、カウンセリングを行ってから数日後に施術となります。

 

また施術が終わっても完治するまでは通院が必要です。


自宅でできるイボ治療とは

メリットもあればデメリットも多い美容外科での首のいぼ治療ですが、自宅療法という選択肢もあります。例えば艶つや習慣のようなジェルがありますが、首のいぼにいいとされるクリームやジェルが通販で簡単に手に入るのです。

 

通販なら誰かに知られることもありませんし、病院に通うより安価で治療に臨むことができます。またいぼは繰り返しできることが多いので、一度ジェルやクリームを買って定期的に購入すると、スキンケアにも使えますし便利です。

 

割引率の大きい定期購入や初回お試し価格など、利用幅も大きいので、首のいぼが気になる方は美容外科より自宅療法を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

→首のいぼに最適!?ジェルやクリームをチェック