切ると治る首にできたいぼの状態について知ろう

首のいぼがまだ小さいのであれば切って治す方法が選択されることがあります。切ると言うと怖いイメージがありますが、具体的にどのような治療法なのでしょうか。また手術とはどう違うのでしょうか。


首のいぼを切って処置する方法

首のいぼを切るパターンは2通り考えられます。1つはあまりに小さいためレーザーを使うよりはさみで切除した方が簡単な場合です。

 

また医師によってはさみを使った方が首のいぼがきれいに取れるから、ということでほかの方法を選択しないこともあります。

 

皮膚との境目を見極めて先が細い眼科剪刀と言うはさみで処置していきます。もちろん消毒をしてから行いますので感染症の心配はほとんどありませんし、施術後は塗り薬が処方されます。

 

いぼの大きさが1mm程度なら出血おほとんどなく、痛みも感じないと言うメリットが大きい方法です。

 

もう一つのきる方法は外科手術です。外科手術はいぼの根が深い、悪性の腫瘍の可能性がある場合に選択されます。

 

ただそれほど頻度が高い治療法ではありませんから、お目にかかることはほとんどないと思っていいでしょう。もちろん部分麻酔をしてから行いますので意識はありますが痛みはありません。

首のいぼを切るデメリット

首のいぼをはさみで切るなら自分でもできそう、と思って煮沸消毒や首元の消毒をしっかりしたうえで自分で切ってしまうという人もいます。しかし自分で処置をすると思わぬ大出血につながることがあります。

 

というのも首には頸動脈が走っており、切れれば大出血、下手をすると命にかかわることもあります。これは決して脅しではなく危険なことですから絶対に自分で処置するのは止めてください。

 

また自分で首のいぼを切ると消毒が十分でないために感染症にかかることもあります。いぼの原因にはウィルス感染のものもありますから、いぼが広がる原因にもつながります。

 

すると結局レーザーや液体窒素などを受けなければならないと言うことになりかねませんので止めましょう。

 

もう一つ難点を言うなら、傷跡が残る可能性があります。病院ではぎりぎりのラインを見極めて切りますので傷跡はほとんど残らないと言われているのです。

 

なお病院で受ける場合は治療費も安くすみます。外科手術の場合は麻酔などもあるため費用がかかりますが、手術をしなければならないほどのいぼに成長する前に病院を受診することが大切です。


自宅でケアできる首のいぼ

首のいぼを取りたいけれど病院には行きたくない。そんな方は自宅で簡単にできるケアを取り入れてみませんか。

 

現在市販のクリームやジェルがたくさん販売されており首のいぼを切ることなくケアできる、ぽろっと取ることができると評判です。

 

口コミでも評価の高い艶つや習慣など、保湿系のジェルやクリームがたくさんありますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。お金もそれほどかかりませんし、割引が利く定期便などもありますので、ぜひ活用してみてください。

 

どれがいいかわからないと言う方は口コミサイトやブログなどを参考にするとあなたが使ってみたいと思えるジェルやクリームに出会えるでしょう。

 

切るわけではないのでもちろん跡も残りませんし、人に知られる可能性も低いです。会社を休む必要もありませんから忙しい方でも気軽に取り組むことができるのではないでしょうか。

 

 

→首のいぼがぽろっと取れた!?こちらをチェック