首のいぼを自分で取る方法はあるのか調べてみた

首のいぼを自分で取る方法をご存知ですか?実は自分でもいぼを取ることってできるんです。

 

「でもどうすればいいの?」

 

「そんな方法利いたこともない」

 

「普通病院に行くものじゃないの?」

 

と思う方も多いと思いますが、それでは自分で首にできたいぼを取る方法をチェックしてみましょう。


首のいぼをはさみを使って自分で取る方法

病院に行くと小さいいぼならはさみでチョキンと切ってしまうことがあります。これなら自分でもできそうと思いますよね。

 

確かに首のいぼをはさみを使って自分で取る方法はいろいろなサイトで紹介されています。と言うのも首にできるいぼの大半は良性の腫瘍ですが、放置していると大きくなってしまうので、早めに処置をした方がいいからです。

 

とは言え忙しくて病院に行く暇もないと言う方もいるでしょう。だからこそ、道具を用意してきちんとした環境下で首のいぼを自分で取る方法が紹介されているのです。

 

その方法は非常に簡単で、はさみを煮沸消毒し、いぼの周りをしっかり消毒します。消毒はエタノールや消毒液を使いましょう。それから眉毛を切るはさみなどで、いぼと皮膚の境目を切ります。

 

後は化膿止めを塗って絆創膏を貼るだけです。化膿止めは毎日塗るようにしなければ感染症の確率が上がりますので注意しましょう。


感染症の確率は非常に高い

はさみを使って首のいぼを自分で取るのは非常に簡単に思えますが、デメリットが大きいです。

 

傷跡が残る

皮膚といぼの境目を切らなければならないので、その見極めが非常に難しいです。間違って皮膚を切ると傷跡が残ります。首のいぼが引っ張れる状態ならいいのですが、引っ張れない場合は無理に自分で取ると傷が残る可能性は高くなります。

 

感染症の可能性は高い

病院では殺菌された器具を使って医師が切除してくれます。しかし自宅で行う場合、はさみを煮沸消毒しても感染症の可能性が0になるわけではありません。

 

化膿止めの軟膏を塗っていても、どこからばい菌が入り込むか分かりませんので、感染症の確率は病院で施術を受けるより高いと思った方がいいでしょう。

 

失敗すると大変

切るのに失敗すると病院へ通わなければなりません。通常病院で首のいぼを切り取ってもらう場合、保険が適用されるのでそれほど治療費は高くなりません。

 

ですが感染症などにかかった場合、治療費や治療期間は倍以上かかると考えた方がいいでしょう。自分で取るというのも考え物なのです。

自分で取るならクリームやジェルがお勧め

首のいぼを自分で取る安全な方法は市販のクリームやジェルを使うことです。はさみで取れるほど小さいいぼなら、それほど期間をかけずに取れることが多いようです。

 

人気の高い艶つや習慣などのジェルやクリームにはハトムギなどの有効成分が含まれていますので、首のいぼにダイレクトに作用してくれます。

 

はさみを使って自分で取るより確実ですから、いぼに悩まされている方は検討してみるといいでしょう。

 

またネット通販なら定期コースが設けられていることが多く、割引価格で購入できる定期便やお試しコースがあります。お得な返金保証が設けられている製品もありますので、一度チェックしてみるといいでしょう。

 

どれがいいか迷ったら口コミサイトやランキングサイトを参考にして、あなたが使ってみたいと思う製品を見つけてみてください。

 

 

→誰もが気になる首のいぼにはこれがいい