イボコロリで首周りのイボを除去!メリットとデメリットは?

加齢と共に増える首のいぼでお悩みの60代女性はいませんか?ケアしたいけど病院へ行くのは恥ずかしい・・・そんなお悩みをお持ちの60代女性の間でイボコロリを使ったセルフケアが話題となっています。

 

ここでは首のいぼにイボコロリは有効なのか、気になる安全性やおススメのセルフケア方法について詳しくご紹介します。


加齢と共に現れる首周りのいぼ・・・気になる原因は?

年々肌の衰えを実感する・・・という60代女性の間で意外と多い肌の悩みが《首のいぼ》です。40代を過ぎた頃からポツポツと首周りに出始め、50代を過ぎて60代に入ると首周りのいぼの数もピークに達します。

 

首周りのいぼは見た目的にも目立つため、薄着の季節でも襟付きの洋服で隠す60代女性が多いです。

 

この加齢と共にどんどん現れる首周りのいぼ、その原因は正しく《加齢》です。そもそも首のいぼの正体は《古い角質の固まり》です。

 

角質は肌表面を覆っていますが、肌が若く健康な状態で正常に機能していれば肌のターンオーバーによって剥がれ落ちていきます。しかし加齢によって肌機能が衰え始めると肌のターンオーバー機能も衰えてしまいます。

 

そうなると肌表面の古い角質が剥がれ落ちず、どんどん肌表面に蓄積されていきます。蓄積された古い角質は丸く固まり、《いぼ》として現れます。

イボコロリでも治療できる?気になる安全性は?

加齢と共にどんどん増える《首のいぼ》は見た目的に目立つため病院へ行くのが恥ずかしい・・・という60代女性が多いです。そのため多くの60代女性がセルフケアでできないか?と『イボコロリ』を試す方が多いです。

 

『イボコロリ』とは体の皮膚表面にできたいぼに対し高い改善効果を発揮する有名な市販薬です。しかし『イボコロリ』はもともと足裏にできたタコや魚の目用の商品であり、皮膚が厚い足裏用に刺激が強い成分が調合されています。

 

そのため首のいぼのように皮膚が薄い部分に使用すると刺激が強すぎて赤くはれ上がる場合があります。首のいぼは皮膚が薄いデリケートな部分にできるため『イボコロリ』のように刺激が強い商品の使用はおススメできません。


安心安全なセルフケア方法はある?

《首のいぼ》のセルフケア商品として『イボコロリ』以外におススメなのが角質ケアクリームです。

 

そもそも首のいぼは《古い角質の固まり》なので角質ケア効果の高いクリームを継続的に使用すればいぼを取り除くことができます。

 

『イボコロリ』も足裏など固い角質部分にできたいぼには効果的ですが、首周りの薄い皮膚には刺激が強すぎます。

 

それに対し角質ケアクリームは顔用の化粧品なので安心安全にセルフケアができます。角質ケアクリームには固まった古い角質を柔らかくし、保湿して滑らかな状態へと導いく効果に優れています。

 

そのため毎日使い続けることで徐々にいぼを取り除くことができます。また高い保湿効果によって柔らかい肌を保つため新たないぼができないように予防する効果もあります。

 

角質ケアクリームなら安心安全なうえ改善&予防もできるので、病院は恥ずかしいという60代女性にこそおススメのセルフケア方法です!

 

 

いかがでいたか?今回は《首のいぼ》のセルフケアにおいて『イボコロリ』の注意点やクリームを使ったおススメのセルフケア方法をご紹介しました。

 

ポツポツした首周りのいぼを改善したい!という60代女性の方は、ぜひ角質ケアクリームでケアしてみて下さい。

 

 

→安心&安全!おススメクリームはこちら