首のいぼを治すことができる飲み薬と塗り薬、どっちがいいの?

首のいぼの治療法はいろいろありますが、自宅で行う場合は塗り薬と飲み薬に分けられます。どちらがどう違うのか、飲むと言うのはあまり聞いたことがないと言う方も違いを知ってどちらがいいか考えてみませんか。


塗り薬より安全と言われるいぼ治療のための飲み薬

飲み薬のメリットは、ただ飲めばいいことです。時間と用法、用量を守れば自然と首のいぼが直ると言います。飲むだけなら簡単ですし、時間がないと言う方もできますね。

 

また市販薬の大半は首に使用することができません。と言うのも首はデリケートで皮膚が薄いため、塗り薬を使うと皮膚に副作用が起こる可能性があるからです。

 

赤くなったり、かゆみが出たりと言うのならまだしも、湿疹が出たりただれたりすると大変ですから、慎重に扱う必要があります。

 

一方で飲み薬は首に直接当てるわけではないので首のいぼでも使用することができます。気になる配合成分も、ヨクイニンと言う漢方ですから、体にも安全です。副作用の心配がないと言うのは嬉しいですね。

効果が出にくい!?飲み薬のデメリット

しかし飲み薬にもデメリットがないわけではありません。それは何かというと、効果がある人とない人がいることです。

 

薬を実際に飲んでみたという人の体験談を見ると、首のいぼが広がったり、大きくなったり、増えたりするのはなくなった、しかしいぼが確実に減ったという感覚はないと言うのです。

 

つまり、いぼそのものに作用するのではなく、いぼがそれ以上目立つのを防ぐと言った方がいい、と言うことです。

 

またもう一つのデメリットとして、効果が出るまで時間がかかると言うことがあります。有効成分は漢方が大半ですから副作用の心配がないのはいいのですが、効果は緩やかに現れます。

 

そのため何カ月もかかってやっと効果が見られたという人もいるのです。塗り薬の場合は首のいぼに使えないものあるため、飲み薬以上にリスクは大きいと言えるでしょう。

 

ですから薬を塗るのも飲むのも善し悪しと言うことです。


より安全なジェルやクリームがお勧め

それでも自宅で首のいぼを治療したいと言う方は飲み薬ではなくジェルやクリームを使ってみませんか。

 

人気の艶つや習慣などを使用すると、肌に影響を与えることなく安全に使うことができ、しかも数週間でいぼがぽろっと取れた、と言う体験談も数多く寄せられているのです。

 

病院に行くと赤みや傷跡が残るので、引くまで治療を続けなければなりませんし、人に知られる可能性も高いです。

 

しかしジェルやクリームならその心配はありませんし、首にも安全に使用することができます。飲み薬のように効果が出るまで時間はかかりませんので、首のいぼに真剣に悩んでいる方にはお勧めです。

 

価格が気になる方もいるでしょうが、はっきり言えば飲むタイプとそれほど変わりません。定期コースを利用すればよりお得ですし、初回のみ大幅割引を受けられる製品もたくさんあります。

 

また2回目以降も割引価格で購入できるジェルやクリームも多いので、お得に続けられるでしょう。

 

万が一肌に合わない、効果がないと言う場合は全額返金保証を受けられる製品もありますので、一度通販サイトをチェックしてみるといいでしょう。

 

飲み薬よりも安全で続けやすいジェルやクリームで首のいぼのケアを始めてみませんか。きっとあなたにピッタリの製品が見つかりますよ。

 

 

→首のいぼに真剣に取り組みたいならこちら