首にできたいぼを治すのに塗り薬は有効か

首のいぼを取ると言うと病院に行く、と言う考えがまず浮かぶでしょう。はさみで切ったり、液体窒素で焼いたり、炭酸ガスレーザーを使用したり。

 

しかしお金もかかりますし、治すまで時間もかかってしまいますよね。それなら市販の薬で何とかしたいと思うものです。

 

確かに市販の塗り薬はあるのですが、本当に効果はあるのでしょうか。


いぼ治療のための塗り薬

首のいぼ対策の塗り薬は近くの薬局やドラッグストアで購入できます。ネット通販でも来ますので買い求めやすいのが特徴です。

 

しかも塗り薬医薬品ですから効果は実証されていますし、塗るだけで痛みを感じずに自然と取れます。商品によっては再発を防止することができ、いぼを根元から取ってくれるものもあります。

 

使い方はいぼの大きさに合わせて綿棒に塗り薬を取り出し、ちょんちょんと塗るだけです。本当に簡単な方法で薬を塗ることができ、しかもいぼがぽろっと取れるので、病院に行くよりずっと経済的で簡単です。

塗り薬は首には使えない!?

ただしいぼの塗り薬にもデメリットがあります。それはほとんどの薬が首のいぼには使えないと言うことです。薬の成分を見てみると、大半がサリチル酸です。

 

サリチル酸はたこや魚の目の治療にも使われる刺激の強い成分です。刺激が強いと言うことはやけどの跡のようになる可能性が高いと言うことです。

 

首の皮膚は薄く、デリケートですから、顔や腕などと違い副作用が出やすいのです。そのためほとんどの製品の注意事項には首には使用しないことと記されています。

 

しかし首にいぼができると目立ちますし、1度に何個も広がってできるため、何とかして解決したいものなのです。

 

それなら1〜2回の使用で副作用が起こらない程度に、と塗り薬を使う人もいるのですが、それでは意味がありません。

 

と言うのも首のいぼは再発しやすく、1〜2回の薬の塗布だけではしばらくすると首のいぼが再発する可能性が高いからです。特に首のいぼはできやすい部類に入るので、薬を塗ると言うこと自体リスクが高いのです。


首にも使えるのはジェルやクリーム!

塗り薬はダメ、となると首のいぼには一体何を使ってケアすればいいのでしょうか。

 

 

そこで最近話題を呼んでいるのがジェルやクリームです。ヨクイニンやハトムギ、あんずエキスなどいぼに効果的な成分が配合されています。

 

しかも化粧品あるいは副作用のない第3類医薬品に分類されていますので安全性は非常に高いです。

 

医薬品ではないので効果が表れるまで時間はかかりますが、早ければ数週間でいぼが取れるあるいは小さくなるようです。

 

艶つや習慣など人気の製品が数多くありますのでいくつかの商品を見比べてみるのもいいでしょう。さらにスキンケアとしてヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタと言った美肌成分も配合されています。

 

ですからお風呂上りに全身のケアに使うこともできるのです。首のいぼだけではなくデコルテや太もも、二の腕、顔などにできたいぼにも効果を発揮してくれるでしょう。

 

価格が心配な方はお得な定期コースをチェックしてみてください。初回半額や2回目以降10〜20%オフなどお得に購入できるシステムになっています。

 

また全額返金保証を設けているところもありますので、あなたが納得できるジェルやクリームに出会えるまで塗り薬より安全なジェルやクリームを、お試しでいろいろ使ってみるといいでしょう。

 

 

→首には安全安心なジェルやクリームで対応