塗り薬?飲み薬?首のいぼに効果的な市販薬と注意点を確認!

気づいたらポツポツと現れていた首のいぼ・・・病院へ通う手間やコストをかけずに治したい!という方には市販薬がおススメです。

 

塗り薬タイプと飲み薬タイプがある市販薬ですが、それぞれにメリットやデメリットがあります。ここではポツポツと現れるいぼの気になる原因や効果的な市販薬の注意点について、さらにより簡単なセルフケア方法をご紹介します。


ポツポツと現れる首のいぼ・・・その原因は?

毎日スキンケアをしていても加齢と共に肌の衰えを実感してしまうという方も多いですね。中でもポツポツと現れる首のいぼでお悩みの方が多くいらっしゃいます。

 

この加齢と共に現れるいぼの正体は『古い角質が固まったもの』です。肌表面を覆う角質層は古くなると肌のターンオーバーによって剥がれ落ち、新たな角質層が生成されます。

 

しかし加齢やストレスが原因で肌機能が衰えると肌のターンオーバーが正常に作用せず、古い角質が剥がれ落ちなくなって蓄積されます。

 

古い角質がどんどん蓄積されると肌が固くなり、本来剥がれ落ちるはずだった古い角質がいぼとなって現れるようになります。

 

首のいぼは病期と勘違いされる場合もありますが、『古い角質が固まったもの』なので放置しても特に問題はありません。ただし角質を柔らかくするケアをしないとどんどんいぼが増加してきます。

市販薬で治る?メリットやデメリットは?

首のいぼを確実に除去したい場合にはレーザーや液体窒素を使った皮膚科治療が有効ですが、痛みや高い治療費がかかります。

 

痛いのは嫌・・・できればコストも抑えたい・・・そんな方には市販薬を使ったケアがおススメです。首のいぼ改善に効果的な市販薬には飲み薬タイプと塗り薬タイプの2種類があります。

 

どちらもハトムギ由来のヨクイニンという成分が含まれ、ヨクイニンが持つ肌表面を滑らかにする作用によって徐々にいぼを改善へと導きます。

 

市販薬のメリットは自宅にいながら手軽にケアができ、皮膚科へ通う手間やコストがかからないということです。

 

ただしヨクイニンが含まれる市販薬を使う場合、効果を実感するまでに長期間の継続が必要といったデメリットがあります。なぜなら首のいぼは『古い角質が固まったもの』なので、角質を柔らかくすることがいぼ改善のポイントとなります。


安心・安全・効果的なセルフケア方法とは?

塗り薬や飲み薬などの市販薬よりももっと効果的に角質ケアができるのがクリームやジェルなどの化粧品です。角質ケア効果が高いクリームやジェルを使えば安心・安全・効果的にいぼを改善することができます。

 

角質ケア効果が高いクリームやジェルはヨクイニン以外にも保湿成分や美肌成分が含まれ、肌の深層までしっかり成分が浸透します。

 

つまり市販薬よりも角質を柔らかくする作用に優れ、潤いや滑らかさをキープするためより早く効果を実感することができます。

 

またクリームやジェルはオールインワンタイプが多く、スキンケアも同時にできるので美肌効果も発揮します。

 

さらに毎日使い続けることで角質を柔らかく保ち、新たないぼを予防することもできます。クリームやジェルなら傷みを感じることなくいぼを改善できるうえにコストもかからないので気軽にセルフケアができますよ。

 

実際に私もオールインワンジェルを使って首のいぼをセルフケアしてみたところ、1ヶ月ほどで小さないぼがポロッと取れました!さらに嬉しいことに肌のハリ艶がアップして化粧ノリも良くなりました♪

 

 

いかがですか?

 

女性は肌トラブルが現れた場合、できるだけ早く改善したいですよね。市販薬を使うことも選択肢の1つですが、首のいぼを安心・安全・効果的に改善したい場合にはクリームやジェルを使ったセルフケアが断然おススメです。

 

首のいぼを手間を変えずにできるだけ早く改善したい!とお悩みの方はクリームやジェルを使ったセルフケアを試してみて下さい。

 

→角質ケア成分たっぷり配合!おススメ商品はこちら