気になる首のいぼ、これって病気!?おススメのケア方法は?

どんなに毎日スキンケアをしていても加齢と共に肌は衰えてしまいます。女性は40代を過ぎると様々な肌トラブルを経験しますが特に多いとされているのが首のいぼです。

 

首周りにポツポツと現れるため病気?と心配される方がいますが、首周りのいぼには病気とそうでないものとがあります。

 

ここでは首のいぼが病気かどうかを見分けるポイントと効果的な治療法、さらにおススメのセルフケア方法を詳しくご紹介します。


いつの間にか首にいぼが・・・これって病気?

女性はいくつになっても綺麗な肌をキープしたいもの・・・しかし加齢と共に肌は衰え、様々な肌トラブルが現れます。

 

中でも首のいぼでお悩みの女性が多いです。首周りにポツポツと現れるいぼは見た目的に目立つため気にする40代女性が多く、病気なのでは?と心配になる方も多くいらっしゃいます。

 

病気であるいぼの場合、

 

  • 激しい痒みや痛みを感じる
  • いぼが熱を持ち、いぼの色味も変化する
  • いぼの数が短期間の間に急増する
  • いぼのサイズが急激に大きくなる

 

といった特徴があり、このような症状を伴う場合は悪性タイプである場合や内臓疾患が原因である場合があり、できるだけ早く医療機関で検査・治療を受けましょう。

 

一方、病気で無いいぼの場合は痒みや痛みは伴わず、《古い角質が固まったもの》が原因なので基本的に無害とされています。

病気でない場合の治療法は?

首のいぼが病気でない場合でも、やはりポツポツしたいぼは目立つため何とか改善したいという女性が多いです。病気でない場合の首のいぼは《古い角質の固まり》なので角質ケアを徹底することで取り除くことができます。

 

手っ取り早く取り除きたい場合は皮膚科での治療がおススメです。

 

 

医療ハサミ

最も簡単でポピュラーな治療法。医療ハサミでいぼを切り取る方法ですが、いぼのサイズによっては痛みを伴うほか治療痕が残る場合はあります。

 

液体窒素治療

液体窒素でいぼを焼き切る方法。確実に取り除けますが、完全に取り除くには何度も病院へ通う必要があり、また治療時に激しい痛みを伴います。

 

レーザー治療

医療用レーザーで焼き切る方法。1度の治療で確実に取り除けますが、場合によっては色素沈着を起こし、コストが高いのが特徴です。

 

 

皮膚科ではこれらの治療法を受けることができますが、それぞれにメリットやデメリットがあるので自分にあった治療法を選択するようにしましょう。


手間もコストもかからないセルフケア方法はある?

首のいぼが病気で無い場合、皮膚科で治療しなくても自分でケアできないの?と思う方もいらっしゃいます。

 

確実にいぼを取り除きたいけど、病院に何度も通う手間とコストはかけたくない・・・そんな方におススメなのがクリームを使ったセルフケア方法です。

 

首のいぼの原因が《古い角質の固まり》の場合、古い角質を柔らかくすれば取り除くことができます。そのためには角質ケア効果が高いクリームを毎日のスキンケアに取り入れてみましょう。

 

角質ケア効果が高いクリームなら毎日使い続けることで固くなった角質を徐々に柔らかくし、いぼがポロッと取れるようになります。

 

さらにクリームにはスキンケア効果もあるため肌を柔らかくキープして新たないぼの予防効果も期待できるなど一石二鳥のケア方法です。

 

 

いかがですか?今回は病気かも・・・と気になる首のいぼの見分けるポイントと効果的なケア方法について詳しくご紹介しました。首のいぼでお悩みの40代女性はぜひご紹介したクリームを使ったセルフケア方法を気軽に試してみて下さいね。

 

 

→角質ケア効果が高いおススメクリームはこちら