首にできたいぼが黒いのが気になる方はこう対処しよう

首のいぼは黒いことが多いのですが、目立ちますから気になりますよね。褐色系でそれほど目立たないと言う場合もありますが、時間の経過とともに黒くなることが多いようです。

 

ではなぜいぼが黒くなってしまうのでしょうか、また対処するにはどうすればいいのでしょうか。


黒い首のいぼはなぜできるのか

首のいぼが黒いのは紫外線や刺激が原因のようです。紫外線は酸化を引き起こしますので、最初は褐色系だったいぼも徐々に黒くなってしまうようです。日焼けをイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

 

それから刺激は下着や衣類によるもので、ハイネックで常に首をこすっているなどと言う場合、メラニン色素が発生するために黒くなるようです。

 

正し黒い首のいぼの中でも、色が様々、出血している、急に大きくなったと言う場合はウィルス感染の可能性がありますから要注意です。

 

そうすると病院へ行くしかなく、適した治療を受けることになります。いぼはどんどん範囲を広げていきますから、目だってひどくなる前に病院で処置してもらいましょう。


病院で治療するメリットとデメリット

黒い首のいぼを治療するには病院が適切ですが、小さいうちならはさみで取ることができます。皮膚といぼの間を医療用ハサミで切り取るだけの簡単な処置で、終わった後は消毒しながら様子を見ます。

 

しかし傷跡が残るため人に知られる可能性はあります。ある程度の大きさの場合は炭酸ガスレーザーか液体窒素で処置することになります。

 

こちらの方法は確実にいぼを根絶することができますし、表面麻酔をするので痛みもありません。しかし傷跡は残りますし、赤みも残ります。消えるまでに半年はかかるでしょう。

 

通院も何度かする必要がありますので、人に知られる可能性は非常に高いです。万が一皮膚がんやウィルス感染の場合は病院で処置してもらうしかありません。

 

黒い首のいぼの中でも、成長したり出血したりする場合はすぐに受診しましょう。なお病院で処置してもらう場合、5000円以上治療費がかかると言われています。

自宅でケアする黒いいぼ

ウィルス感染や皮膚がんの可能性がない場合、黒い首のいぼの紫外線対策をしながらイボ自体をケアする方法があります。それが市販のジェルやクリームを使う方法です。

 

ドラッグストアなどにも取り扱いがありますが、首には使えないものもありますので、通販の方がおすすめです。通販であれば艶つや習慣など首に使えるジェルやクリームも多くあります。

 

定期購入を選べば割引価格でお得に購入できますし、安心して黒い首のいぼのケアを続けられるでしょう。

 

初回のみ大幅割引という製品もあれば、まとめ買いがお得な製品、お試しセットなどもありますのでぜひチェックしてみてください。

 

効果がなかったらお金が無駄になると言う方は返金保証制度がある製品を選んでみるといいでしょう。返金保証があれば試してみてもいいと思いませんか。

 

通販で手に入るジェルやクリームには首のいぼに効果的な杏仁やハトムギを配合したり、保湿効果の高い成分を配合したりしているものが多いです。

 

黒いいぼもケアできるようになっていますので、いぼに悩まされている、人に知られずケアしたいと言う方はぜひ一度ランキングサイトや口コミサイトを見てみてください。

 

 

→黒くなった首のいぼにもこのジェルがいい