首のいぼの治療はどんな方法?どれくらいかかるのか、全体をチェック

首のいぼは目立つので、治療を受けよう!と決心される方も多いようです。でも病院に行ったらどんな方法でいぼを治してくれるのかいくらくらいかかるのか、不安ばかりが募りますよね。

 

そんな不安を解消しつつ、メリット、デメリットも把握してみませんか。


病院で受けられる首のいぼの治療法

病院で受けられる首のいぼの治療法は主に3通りあります。

 

炭酸ガスレーザー

現在の主流と言っていいでしょう。炭酸ガス状のレーザーを患部にダイレクトに当て、いぼだけを集中的に治す方法です。施術前にテスト照射をする病院もあり、表面麻酔も行われますので安全性は高い方法と言えるでしょう。

 

液体窒素

イボ周辺を瞬間冷却することでいぼを壊死させる方法です。昔から行われてきた方法で表面麻酔をするので痛みはありません

 

医療用ハサミ

いぼがまだ小さい段階ではいぼと皮膚の間をはさみで切ります。出血は少量で済みますのですぐに傷跡も目立たなくなります。

 

 

また皮膚がんやあまりにも大きな首のいぼの場合は局所麻酔の上外科手術を行います。いずれの場合もカウンセリングを受けてから、適した治療法を実施します。

病院の治療にはデメリットが多い

病院で首の治療を受ける場合はデメリットもありますので覚えておきましょう。

 

炭酸ガスレーザー

施術後に赤みが残ります。通院をする必要があり、半年間は残ることがあります。

 

液体窒素

施術範囲が広いため目立ちます。また人によっては痛みを感じることがあります。

 

医療用ハサミ

感染症の危険性があるため消毒はしっかり行いましょう。また自分で行うのは危険です。絆創膏を張るので目立ちます。

 

 

またいずれの方法も通院のため仕事を休むなど必要な場合があります。傷跡などから人に知られる可能性も高いです。

 

施術前にカウンセリングを受け、医師の診察を受ける必要があり、その日のうちに施術が受けられるのははさみで治療する場合だけと思った方がいいでしょう。

 

費用が高く、炭酸ガスレーザーは全額自己負担です。病院によては炭酸ガスレーザーしか取り扱っていない場合もあります。液体窒素の場合は5000円程度かかります。

 

医療用ハサミは1つにつき500円程度ですが首のいぼは複数個できるため、結局治療費は5000円以上になることがあります。

 

またいずれの場合も軟膏などの薬品代、麻酔にかかる費用や医師の診察費などが別途かかります。


首のいぼの治療は自宅で行おう

首のいぼを治療したいのに病院で受けるにはデメリットが大きすぎる!そんな方は自宅で簡単にケアしてみませんか。

 

今はいぼ専用のジェルやクリームが販売されています。人気の高い艶つや習慣など、多くの製品がありますので、ランキングサイトや口コミサイトを一度見てみるといいでしょう。

 

その上であなたが本当に試してみたいと思うジェルやクリームを見つけてみてはいかがでしょうか。通販で取り寄せることもできますので、人に首のいぼの治療を知られる心配もありません。

 

また定期コースを利用すれば初回大幅割引や2回目以降も割引価格で購入できる、返金保証コースがあるなど、お得な買い方ができます。

 

病院に行くより自分でケアした方が、ずっとお得な場合もあるのです。首のいぼに悩んでいるけれど治療を受けるには一歩踏み出せないと言う方はぜひクリームやジェルを試してみてください。

 

 

→首にできたいぼを治すならジェルやクリームがお勧め!