首のいぼのおススメの取り方は?セルフケアでも除去できる?

40代になるとシワやシミといった肌の悩みが増えますが、意外と多いのがポツポツと現れる首のいぼです。放っておくとどんどん増える首のいぼは見た目にも目立つため確実に取り除きたい!という40代女性が意外と多くいらっしゃいます。

 

ここでは40代女性に意外と多い首のいぼについて気になる正体や確実に除去できるおススメの取り方、さらに自宅でも簡単にできるセルフケアをご紹介します。


ポツポツと現れる首のいぼ・・・気になる正体と原因は?

どんなに毎日スキンケアをしていても加齢と共に肌の衰えを感じるものです。特に女性の場合は40代を過ぎるとシワやシミなど様々なエイジングトラブルを感じやすくなります。

 

特に意外と多い悩みがポツポツと現れる首のいぼです。40代を過ぎて首に現れるいぼは放置すると徐々に増え、アクセサリーなどが引っ掛かって痛いと感じることも出てきます。

 

この気になる首のいぼの正体は『古い角質が固まったもの』です。古い角質が固まる主な原因は『加齢』です。

 

本来肌表面の角質は古くなるとターンオーバーによって自然に剥がれ落ちていきます。しかし加齢によってターンオーバーの機能が衰えると古い角質が剥がれ落ちずに肌表面に蓄積され、どんどん固まることでいぼに変化していきます。

 

いぼそのものは良性なので放置しても問題ありませんが、肌表面に蓄積された古い角質を取り除かない限りどんどん新たないぼが現れてしまいます。

確実に除去したい!どんな取り方があるの?

ポツポツと現れる首のいぼは目立つため何とか除去したいとお悩みの40代女性が多いです。

 

この気になる首のいぼの取り方にはいくつかありますが、確実に除去したい場合には液体窒素やレーザー、ハサミを使った皮膚科治療がおススメです。

 

 

液体窒素

−200℃の液体窒素を使い、いぼを焼き切る取り方です。確実に除去できますが、1度に取れる数に限りがあるため何度も皮膚科に通う必要があるほか、除去する際に激しい痛みを感じる場合があります。

 

レーザー

医療用のレーザーによっていぼを焼き切る取り方です。確実に除去できますが、施術費用が高いうえに痛みを感じる場合があります。

 

ハサミ

医療用のハサミを使って切り取る取り方です。液体窒素やレーザーよりも簡単に除去できますが、いぼのサイズによっては出血や痛みがあり、痕になって残る場合もあります。

 

 

これらの皮膚科治療は確実にいぼを除去したい場合にはおススメですが、何度も通院する手間や高い費用、痛みなどのデメリットがあるので注意しましょう。


自宅で簡単♪効果的なセルフケア方法とは?

首のいぼを確実に取り除きたいけど痛いのは嫌だし、皮膚科に通う手間やコストはかけたくない!という方におススメの取り方が自宅で簡単にできるセルフケア方法です。

 

首のいぼは『古い角質が固まったもの』なので、固まった角質を柔らかくすることでいぼをポロッと取ることができます。そのためには角質ケア効果が高いクリームやジェルを使ってみましょう。

 

クリームやジェルなら毎日のスキンケア時に使用するだけでOKなので簡単手間要らずなうえ、美肌ケアも同時に行うことができます。

 

このセルフケア方法なら皮膚科へ通う手間やコストがかからず、痛みも無いので忙しい40代女性におススメですよ。

 

またクリームやジェルを使ったセルフケアのメリットは角質ケアを行うことによって肌を柔らかく滑らかに保ち、新たないぼを予防できるということです。

 

 

私も40代を過ぎて首周りにいぼができましたが、仕事で忙しく皮膚科へ通う時間がありませんでした。そこで自宅でできるセルフケアを試してみたら1ヶ月ほどで小さないぼがポロッと取れました♪

 

オールインワンタイプのクリームやジェルならスキンケアにかかるコストも抑えることができたので皮膚科へ通うよりもずっとお得でした!

 

 

いかがでしたか?

 

40代を過ぎて現れる首のいぼを取り除くには液体窒素やレーザーを使ったの取り方が確実です。しかしクリームやジェルを使った取り方なら皮膚科へ通う手間やコストをかけずに除去できるのでぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

→セルフケアにおススメ!角質ケア商品はこちら