首にできたイボを取る方法を知りたい!

首のいぼを取る方法を知っておくと、いざと言うときに安心です。目立ってきたときに必ずその知識が役立ちますし、病院にかかるか、自宅でケアするかなど選択肢を広げることができるでしょう。

 

もしあなたが今いぼが気になり始めたのなら、ぜひ取るためにどうすればいいか覚えておいてください。

首のいぼを取る方法は病院がメイン

首のいぼを取る方法は病院の治療がメインです。では病院ではどのような治療を行うのでしょうか。

 

液体窒素

表面麻酔をして液体窒素でいぼそのものを壊死させます。昔から行われてきた方法で痛みが強いと言われていましたが、最近は麻酔のおかげで痛みがほとんどないようです。

 

炭酸ガスレーザー

局所麻酔をしてレーザーで焼きます。傷の経過などを見るためテスト照射するところが多いようです。

 

はさみで切り取る

小さいいぼや初期段階であれば首のいぼの取り方として医療用ハサミで切ってしまうことがあります。短時間で治療も終わり、体への負担が少ない上に治療費も安く済む方法です。

 

外科手術

あまりに大きな首のいぼや根が深い場合は局所麻酔の上手術で取る方法が選択されます。日帰り手術が可能なので入浴などを除けば特に大きな負担はないでしょう。


病院でいぼを取るときのメリットとデメリット

首のいぼの取り方のメインは病院と言いましたが、メリットもあればデメリットもありますので覚えておきましょう。まずメリットから見てみましょう。

 

医師の治療を受けることができる

医師の治療が受けられるということは完治まで医師に診てもらうことができると言うことです。首のいぼは再発しやすいので、しっかり専門医に見てもらうのが取る方法としては最善と言えるでしょう。

 

はさみの治療なら治療費は負担になりづらい

治療費がかかる、と思っている方もいますが、初期段階のいぼで選択される医療用ハサミの場合はそれほど治療費はかかりません。麻酔を使わないので痛みはありますが、コスト面から言うとメリットと言えるでしょう。

 

 

ではデメリットはどうでしょうか。

 

保険適用外の治療もある

保険が適用されるのは病的要因がある場合です。首のいぼで美容目的と判断されると全額自己負担になることがあります。取る方法としては最適ですが、全額自己負担は痛いですね。

 

何回も通わなければならない

病院で治療を受けると完治まで何度か通う必要があります。また内容によっては綿密な打ち合わせが必要ですし、傷跡が残る治療法も多いです。

 

傷跡がきれいになるまで半年以上かかることがありますし、その間人に知られずにいると言うのは難しいかもしれません。

 

傷跡が長期的に残る

レーザーなどの場合特に傷跡が残りやすく、赤みが引くまで半年はかかると言われています。首は目立つ部分ですから大きなデメリットになるでしょう。

自宅でもケアできる首のいぼ

実は首のいぼを取る方法として自宅ケアと言う方法があります。自分でケアして問題はないの?と思う方もいるでしょう。ですが病院に行く暇がないと言う方や誰にも知られたくないと言う方にとってはこちらの方がメリットが大きいのも事実です。

 

通販を利用すれば市販のものを買わなくても済みますし、コストも病院に比べればずっと安いです。クリームやジェルタイプなのでさっと塗ることができるのも特徴です。首のいぼを取る方法として覚えておくと、後々大きなメリットになるでしょう。

 

どんなクリームがいいのか迷ったときは口コミサイトや知り合いに聞いてみるのもいいですよ。いぼを取る方法としてぜひ覚えておいてください。

 

 

→首にできたいぼを取りたいならこのクリームをチェック